寝起きの辛いを解消して頭をすっきりさせる方法10選

♡生活♡
Free-Photos / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

朝起きるのって辛いですよね。

まだ眠っていたいし、頭は覚醒しないし、何だかボーっとする。

朝弱い人はどのようにすれば、すっきり起きられるようになるのでしょうか?

そんな朝起き苦手さんの為に、すっきり起きられる方法を10個お伝えしていきます。

是非参考にしてみてくださいね(*’ω’*)

カーテンを開けて日差しを浴びる

Free-Photos / Pixabay

朝起きたら、まずはカーテンを開けてみましょう。

日差しがお部屋中に入り明るくなることで、体内時計をリセットすることができます。

生活リズムを改善したい人にもお勧めです。

音楽やラジオをかける

FirmBee / Pixabay

耳からの刺激を受けると脳波起きると言われています。

何かをしながらでも徐々に目が覚めてくるので、ゴロゴロしながらでも可。

身支度をしながらだと効率がよさそうですね。

スマホチェックは朝

ijmaki / Pixabay

寝る前、気付いたらダラダラとスマホを見ていませんか?

スマホからの光で脳が覚醒されて、質の良い睡眠がとれなくなってしまいます。

そのダラダラスマホの時間を朝に変えてみませんか?

スマホの光を利用して、脳を起こしてあげましょう。

スマホだけではなく、パソコンでもOKです。

水分を摂る

insightzaoya / Pixabay

寝起きに冷たいお水をコップ一杯飲むと、胃腸が刺激されて体がお目覚めモードになります。

お水以外にも柑橘系のジュースを飲んでも良いでしょう。

目が覚めたら布団の中でゴロゴロ

DieterRobbins / Pixabay

人間の脳は、体温が上がると覚醒すると言われています。

手や足を動かすだけでも体温が上昇するので、目が覚めたら無理なく動かしてみましょう。

また、体を左右にゴロゴロと転がすのも良いでしょう。

スヌーズ機能は一度にする

ErikaWittlieb / Pixabay

一見便利なスヌーズ機能ですが、寝て起きてを繰り返すと余計に浅い眠りになってしまい眠気を引きずってしまいます。

起きるときは一度でしっかり起きれるように、スヌーズ機能は一度に設定おくと良いでしょう。

顔を洗う

Pezibear / Pixabay

寝起きに顔を洗うとシャキッとします。

人間を活動モードにする交感神経が活発になるため、いつまでも眠気を引きずる人は、洗顔をしてみると良いでしょう。

熱めのシャワーを浴びる

tookapic / Pixabay

熱めのシャワーを浴びると、人間を活動モードにする交感神経が活発になります。

全身をシャキッとさせたい人にお勧めです。

朝に予定を入れない

FirmBee / Pixabay

朝に予定を入れてしまうとかえってストレスになります。

朝のジョギング、家事、勉強など、無理に予定に組み込むのはやめましょう。

身だしなみを整える

kaboompics / Pixabay

いつまでもパジャマのままだと、ついだらだら過ごしてしまいます。

服を着替える・メイクをする・髪型を整えるなどを行うと、気持ちにハリが出てきます。

 


朝すっきり起きるには、脳を働かせてあげることも大切です。

すっきりとした目覚めを手に入れて、一日を有意義にすごしていきましょう。

あなたに合った方法で早速チャレンジしてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました